お茶のダイエット促進成分とは?痩せる事をサポートしてくれる4つの成分!


お茶がダイエットとして優れている理由はお茶に入っている成分を摂取出来る事にあります。
ダイエットに有効なお茶の成分は大きく4つあります。

 

 

以下ダイエットに有効なお茶の4つの成分です。

 

 

 

その@ お茶に含まれる「ポリフェノール成分」がダイエットに有効!


ポリフェノールには脂肪や糖分を体内に取り入れた時にそれを体内に吸収されるのを抑制する働きがあります。
日本茶で有名な「カテキンも」ポリフェノールですし、より脂肪燃焼効果や吸収抑制効果が高いと言われるプーアル茶に含まれている「重合型カテキン」もポリフェノールの1種になります。
プーアル茶については「ダイエットに効果的なプーアル茶の紹介」で紹介しています。

 

チェック!定番のお茶とそれに含まれるポリフェノール一覧

プーアル茶 重合型カテキン
日本茶(緑茶) カテキン
ウーロン茶 ウーロン茶ポリフェノール
杜仲茶 クロロゲン酸
麦茶・ゴボウ茶・ジャスミン茶・紅茶 タンニン
ルイボスティー アスパラチン・ケルセチン・ルチン

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

そのA お茶の「食物繊維」には食欲抑制と言われる意外な効果がある!


「食物繊維」と言うと食品をイメージしますが、実は食物繊維はお茶にも豊富に入っています。
食物繊維を食事中に取る事で、ポリフェノールの効能と同じく「脂肪の燃焼を促進する効果」と「脂肪吸収を抑える効果」があります。
ゴボウ茶などの多くの食物繊維が取れるお茶の場合は、「胃を膨らませて食欲を抑制する効果」もあります。

 

また、周知の通り食物繊維には「便秘解消」の効果もあります。
食物繊維が特に豊富に摂取出来るお茶は「ゴボウ茶」です。ゴボウ茶については「ダイエットに効果的なゴボウ茶」で紹介しています。

 

 

 

 

そのB お茶のカフェイン成分もダイエットをサポートしてくれる!


お茶にカフェインがある事は周知の事実ですが、このカフェインは興奮作用や利尿作用などと知られている作用だけではなく、脂肪燃焼を促進してくれる「リパーゼ酵素」に働きかけてより脂肪燃焼を強める効果もあります。

 

 

さらに、血行がよくなる効果もあるので、代謝が上がり、消費エネルギーが上がるので体内の脂肪が蓄積される事が少なくなります。
しかし、興奮作用があるので、寝る前に摂取すると眠れなくなる事もあります。
妊婦や妊娠を考えている人も控えたほうが良いですね!

 

チェック!カフェインとノンカフェインのダイエット茶
カフェインを含む1ダイエット茶 ⇒「人気のダイエットプーアル茶
ノンカフェインで1ダイエット茶 ⇒「ランキング1位!のゴボウ茶

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

そのC お茶のサポニン成分で代謝率をUPさせて太りずらく痩せやすい体質へ!


お茶に含まれるサポニンは、ポリフェノールの効果と同等に体内の余計な脂肪の吸収を抑える効果があります。

 

また、カフェインにある効果の1つで血行が良くなる効果もあるので、代謝が上がります。
代謝が上がる事で消費エネルギーが上がり、脂肪が付きにくい身体になります。

 

 

さらにサポニンには抗酸化作用があります。代謝を悪くする活性酸素を撃退する働きがあるので代謝がよくなり、消費エネルギー率が格段と上がります。結果太りずらい体質になっていきます。
つまり、「太りずらく痩せやすい体質」を目指す事が出来ます。

 

 


トップ/1番痩せるお茶について
チェック!私が痩せる事が出来たお茶公開!
確認!お茶のダイエット成分について


スポンサードサーチ